マンガ「ダンジョン飯」、妹にまさかの展開の第6巻

「ダンジョン」×「飯」という新ジャンルを切り開いた九井諒子さんのダンジョン飯。

雰囲気が独特で面白い。今までのダンジョンもの、冒険ものに食傷気味のあなたにおすすめです。もちろんそうでない方にも。

あまりマンガを読まない奥さまにも「ダンジョン飯」は好評でした。女性受けするのかな。絵のタッチはやさしい感じがします。

ダンジョン飯 6巻 (HARTA COMIX)
九井 諒子
KADOKAWA / エンターブレイン
2018-04-13


はぐれた妹を探してダンジョンへ

主人公の戦士ライオスは前回のダンジョン捜索で下層にでるはずのない赤竜(レッドドラゴン)に遭遇。同じパーティーだった妹ファリンが犠牲になります。

一度は地上に戻ったもののすぐに助けにいきたいというライオス。それに着いていけないとパーティーから何人かが離脱します。

残ったのはエルフのマルシル、小人のチルチャック、そしてダンジョンで出会ったドワーフのセンシ。ライオスをリーダーに4人でファリンの救出に向かいます。

この世界ではダンジョンで死んでも死体がきれいであれば蘇生できるのです。

飯を食べねば元気が出ない、元気が出ねばダンジョン攻略ができないということで積極的にダンジョンに生息する動植物やモンスターを食べようとするライオス。センシは長い間ダンジョン内で生活しており、ダンジョン飯を作ることについては右に出るものなし。

げんなりしながらも付き合うマルシルとチルチャック。ボケとツッコミにバランスのとれたパーティー編成といったところ。

赤竜討伐し、妹を救出するも

以降ネタバレですのでご注意を。

 

苦難を乗り越えて赤竜を討伐したパーティー。しかし、ファリンは赤竜に食べられ、消化されて蘇生できない状態。

そこにマルシルは奥の手の禁忌魔術で蘇生を試みます。赤竜を材料にした蘇生。

蘇生はうまくいったものの、ダンジョンを支配する「狂乱の魔術師」登場。

ファリンは魔術師に操られて魔物のような姿に。一度は別れたものの別にパーティーを編成しファリン救出に向かっていたシュローと合流したライオス一同。

彼らはファリンを助け出すことができるのでしょうか。狂乱の第6巻お見逃しなく!

 

ダンジョン飯 6巻 (HARTA COMIX)
九井 諒子
KADOKAWA / エンターブレイン
2018-04-13

まだ読んでいない方はキンドルストアでまとめ買いがおすすめ。









【Please Follow me!!!】⬇️

ブログ村の新着記事に載るのは1日3記事まで

Twitterなら記事更新のたびにお知らせできます

Twitterフォローもお願いします!

【Please Click Here!!!】⬇️

ブログランキング・にほんブログ村へ

クリックでにほんブログ村HPへ飛びます

わたしのブログ村ランキングポイントになります

応援のワンクリックお願いします!